神社・仏閣だけではない!一味違う京都の旅

京都にも温泉がありますよ!

京都にも本格的な温泉があるのをご存知ですか?京都駅から嵯峨野線で約25分の亀岡市にあります。「京の奥座敷」とも形容される湯の花温泉で、落ち着いた雰囲気の温泉地です。亀岡駅からは送迎バスも出ているので、アクセスも簡単です。近くには西国33カ所巡礼の21番札所の穴太寺や円山応挙の襖絵のある金剛寺など、隠れた名刹もあります。古代史家の故上田正昭氏が長年宮司を務めていた小幡神社には、上田先生の歌碑もあります。明智光秀ゆかりの谷性寺や亀山城趾の見学もお勧めですね。戦災にあっていないので、江戸時代の城下町の風情を味わうこともできます。亀岡駅から城下町の散策ができますよ。内堀・外堀・惣堀の三重の堀や土塁もよく残っていますし、町屋も見学できます。

温泉で癒された翌日は、保津川下りで楽しもう!

湯の花温泉で癒された翌日は、亀岡から嵐山までの約16kmの舟下りを楽しんでください。約400年の歴史のある舟下りです。船頭さん3人で、約20人の乗客を乗せて下ります。川が増水すると、安全確保のために4人や5人の船頭さんで操船します。川が増水した時がお勧めですが、その時にあたるかどうかは運次第ですね。通常は1時間半ぐらいで下る川下りが、増水時には1時間足らずで下り、スリルいっぱいです。1番前の席がお勧めです。川のしぶきがかかって気持ちよいし、船頭さんの面白い話が良く聞こえます。最初は緩やかな流れですが、保津峡に入りますと急流となります。旧山陰線を走るトロッコ列車が通りましたら、手を振ってください。新緑の季節もよし、涼風吹く夏もよし、秋の紅葉・冬の雪景色も捨てがたいです。四季折々楽しめます。

旅行のときのお悩み?便秘になる人はこれで予防

旅行で便秘になる人は水分を摂ろう

旅行に行くと必ず便秘になる、という人はよくいますよね。一泊二日くらいならいいですが、長期の旅行になると後半ずっと体調が悪い…なんてことになりかねません。せっかくの旅行なので体調は整えておきたいですよね。そこで、こまめに水分を摂ることを心がけましょう。トイレが自由に行けないからとついつい水分を控えてしまいがちですが、これが便秘の原因です。新幹線ならトイレもありますし、観光バスでもトイレ休憩はあります。全部のトイレ休憩を駆使する勢いで、こまめに水分を飲み、そして出しましょう。乗り物の中は乾燥もしていますし、暑い時期だと熱中症も心配です。便秘予防のためだけでなく、健康のためにも水分はこまめに摂るようにしましょう。

緊張しない部屋割りをしよう

また、誰かと一緒の部屋だと緊張してトイレができない、という人も少なからずいるようです。こういうときには我慢せず、「誰かと一緒だと緊張してしまうから1人部屋にして」と申し出るのがいいでしょう。壁を作るようで言いにくければ「神経質だから一人でないと眠れないので」などと理由を付ければ良いでしょう。緊張するタイプの人は、ホテルに入ったらなるべくリラックスしてすごしましょう。普段使っているアロマを持ち込んだり、お気に入りの茶葉で一息入れると体がリラックスします。一人になったらベッドの上などで腸を動かすストレッチなどもするとよいです。仰向けに寝て膝を抱えたり、体をひねったりすると腸が刺激されてトイレがスムーズになります。

これを持って行くと便利!旅行に必須な小道具

S字フックはおすすめです

旅行に行くときに、行きの新幹線やホテルの部屋でちょっと不便だな、ということはないでしょうか。旅行慣れした人なら、ちょっとした小道具を持って行き便利に過ごしてしまいます。おすすめなのがS字フックです。文字通り、Sの形のフックで、荷物などをどこかに引っ掛けることができます。新幹線やバスの中で網棚に乗せるまでもないような荷物、例えば食べたお弁当のゴミを入れたビニール袋などを座席に引っ掛けたり、ストールや帽子などちょっと邪魔だな、というものを引っ掛けたりできるので車内が快適になります。ホテルの部屋でも、洗面用具をバスルームに引っ掛けて使ったり、使ったタオルを引っ掛けてそのまま干したりということもできます。

ゴミ袋とクリアファイルも便利です

何かと応用が利くのがビニールのゴミ袋です。そのままゴミを入れておくのに使うこともできますし、お土産を買いすぎてバッグに入りきらないときのサブバックにもなります。着替えを入れておけば臭いませんし、バッグの中が湿っぽくなることもありません。そして意外な便利グッズがクリアファイルです。観光地に行ったときペラペラのパンフレットをもらい、かばんの中に入れてしわだらけ、といった経験はないでしょうか。こういったちょっとした紙ものをさっと挟むのに便利です。ホテルで周辺の地図をもらって挟んでおいたり、チケット類や旅行規約をまとめておいたりするとバッグをごそごそやる手間も省けます。カバンに入れてもかさばらないので、ぜひ持って行きましょう。

家族旅行のときはどんな方法で移動したいいの?

公共交通機関を使う方法

盆・正月などの帰省も含め、家族旅行のときはどのような方法で移動するか考える必要がありますよね。移動する距離や、家族の年齢にもよりますが、みんなが疲れない方法を選ぶのが理想的ではないでしょうか。そういう意味では、公共交通機関を使うほうがいいかもしれません。もちろん、混雑時の移動は大変ですので、盆・正月だけでなく大型連休を利用して旅行するときも、無理のない計画を立てることが大切です。もし、可能なら指定席を予約することをおすすめします。また、電車やバスなどの乗り換えが必要なところも少なくありませんよね。その場合は、余裕を持って移動できるように、駅やバス停などの発着時間は事前に調べておきましょう。もちろん、トイレの場所も確認しておきたいですね。

マイカーを使って出掛ける方法

家族旅行に出掛ける方法としてマイカーを使う方法があります。マイカーを使う大きなメリットは、時間に縛られることなく自由に動けることではないでしょうか。その一方で、道路が渋滞する時期は思い通りに進めない苛立ちを覚えるかもしれませんね。また、運転手が一人だけだと、心身への負担が大きくなります。もし、可能なら複数の人で交代して運転することをおすすめします。マイカーで移動する大きなメリットはほかにもあります。特に、小さい子どもを背負ったりおぶったりしなくて済むのはうれしいですよね。荷物を持ち運びしなくてもいいので、助かる人もいるのではないでしょうか。なお、旅行へ出掛けるときは、駐車場の有無や場所の確認をしておきましょう。また、駐車料金の有無を知っておくと安心できますね。

鉄道の旅行を楽しみたいなら!便利なアイテムを活用しよう!

鉄道の旅行は計画の段階から楽しめる

新幹線や特急など、電車を使う旅行はとても人気があります。鉄道を使って旅行をしたいなら、時刻表を用意しましょう。全国の路線や駅の情報がすべて記載されていますから、便利なアイテムとして重宝されています。ポイントは、旅行の計画を立てる段階で購入することです。なぜなら、さまざまな路線や駅を知ることができますので、旅行に対する興味を大いにかき立てられるからです。中には、興味を持った駅に降り立ち、思わぬ観光地を知ることもあります。さらに、時刻表には料金や距離も明記していますので、具体的な計画を立てられます。情報量が多いノートサイズから、携帯しやすい手帳サイズまで種類が豊富です。用途に応じて時刻表を選べます。

鉄道の旅行を快適に過ごすための工夫

鉄道の旅行には、楽しむポイントがたくさんそろっています。目的地に着くまでに、車窓の風景を眺めたり、名物の駅弁を食べたりして、車内で楽しく過ごすことができます。けれど、便利なアイテムを用意しておけば、よりいっそう快適な旅行にすることが可能です。まずは、車内で過ごす時間を把握しておきましょう。長時間、座席に座り続けていると、足がだるくなってしまう場合があります。そのような時は、車内でスリッパに履き替える方法がおすすめです。靴で締め付けられたままでいると、足の血行が悪くなります。けれど、スリッパならば自由に足を動かせるので、血行促進に役立ちます。折り畳めるスリッパや使い捨て用を見つけて、車内に持参しましょう。